前へ
次へ

家族葬では関係者への十分な配慮をしておくこと

近頃巷で流行の家族葬とは一体どのような形態の葬儀なのでしょうか。
家族葬とは、家族と、関係するごく親しい親族のみで、亡くなられた故人を天国に送り出すという厳かな儀式です。
その最大のメリットは、亡くなられた故人と、最後のお別れをすることが、ゆっくりとできることではないでしょうか。
ところがお付き合いの少なかった親戚とか、友人、知人あるいは職場の同僚などには、葬儀と告別式の案内をしませんので、葬儀が終わってから、初めてそれに気が付かれる周囲の方々が多いです。
家族葬のデメリットとしては、社会的にお世話になった人たちに対する配慮が欠如しているという点です。
もしも、葬儀の予算などの問題で、どうしても家族だけでの葬儀にしなければならないのであれば、その旨を、関係者の全員に、前もって知らせておかなければなりません。
その作業を怠って、いきなり家族葬を実行すれば、後々、様々な災難が発生してきます。
社会的な関係者たちへの十分な配慮をしておくことが、家族だけで葬儀を行うための条件となります。

Page Top