前へ
次へ

家族葬に決める前に理由を関係者に詳しく説明

葬儀だけはどうしても家族葬でないと気が済まないような人たちもいます。
家族葬の費用の面だけを見て、それを決断するのは大きな間違いです。
一番大切なのは家族を含めた関係者の全員のコンセンサスです。
特に大切なのが、故人が生前お世話になっていた社会的関係者です。
それには職場の同僚たちがいます。
職場の同僚以外にも友達関係は多いはずですね。
全ての関係者に連絡するというのは、案外難しいことなのです。
ですがこの作業だけは、絶対に省略してはなりません。
葬儀を成功裏に収めるためには、故人の社会的関係者全員に対するフォローを忘れないことがとても大切となります。
どうしても家族葬にする必要がある場合には、その旨を、手紙やハガキで、前もって関係者全員に知らせておきしましょう。
今はインターネットのメールが発達しているのですから、 インターネットを使って連絡するのは良い手段です。
いずれにしても大切なのは、家族葬に決める前に、その理由を関係者に詳しく説明しておくことです。

Page Top