前へ
次へ

家族葬をした後の法事って必要なのか

家族葬をした後の法事は、必要かどうかと悩まれている人もいるかもしれません。
日本における法事は、社会的な常識だと思われがちですが、これは主に仏教による思想から来ている話でもあるのです。
呼び名は違いますが、日本の神道においても、それに近い霊祭と呼ばれる内容があります。
宗教的な考えからきているため、家族葬をした後の法事は、家族間でゆっくりと考えると良いでしょう。
宗派によって考え方は違いますが、基本的に法事は、亡くなった人の魂があの世で、現生で未練を無くしてもらうために行われる考え方が一般的です。
宗教的な話の中には、忘れられたくない魂を思い出し、意識して慰める目的がある場合もあります。
そのため、仏教での法事は、特徴として、次の法事までの日時が長くなる特徴があるのです。
分りやすく言えば、現世での執着を取り払い、あの世での生活に順応してもらう目的があります。
実際に、あの世があるのかわかりませんが、費用の問題で家族葬を選ばれた人もいるでしょう。
法事の費用が負担だと思われる場合は、家族間だけで集まり、故人を思い出し、語り合うのも故人の供養としての選択肢があると考えられます。

Page Top