前へ
次へ

家族葬と喪主による挨拶

葬儀では、喪主としては挨拶する必要があります。
葬儀に参加しますと、喪主がスピーチしている姿を見かけることもよくあります。
スピーチする時は、時間の長さにも配慮する方が良いでしょう。
長々と話すのではなく、できるだけ手短にする方が良いと言われています。
また言葉も慎重に選ぶ必要があります。
言わない方が良いフレーズもありますから、注意が必要です。
ところで家族葬の場合は、もっと簡単な挨拶で済むケースが多いです。
確かに一般葬の場合は、多くのゲストが参列する都合上、かしこまった挨拶をする必要はあります。
しかし丁寧な挨拶をするのも、喪主としては大変です。
その点家族葬の場合は、基本的には近親者のみが葬儀に参列します。
幅広い人物が来る訳ではありませんから、挨拶も簡単に済ませるケースが多いです。
挨拶が簡単に済む方が、喪主としても助かるでしょう。
しかも家族葬の場合は、あまり手間がかかりません。
ゲストの人数も比較的少ないですし、故人とゆっくりお別れできるメリットもあります。

Page Top