前へ
次へ

家族葬で大切なのは事前の準備です

予算の関係などで、どうしても家族葬にする人たちは多いです。
家族葬では不平不満が出がちなので注意が必要です。
ただ単に費用が安いからという安易な理由で、家族葬を選ぶのは禁物です。
なぜなのでしょうか。
それには独特のデメリットがあるからです。
そもそも葬儀というものは、亡くなった故人を偲び、尊敬の念を込めながら、故人を天国に送り出すという尊い作業です。
その尊い作業を、いきなり家族だけに限定されたらどうでしょうか。
社会的な関係を持っていた周囲の人たちは、それを見て、あきれ果てるのではないでしょうか。
そんなことのないように、家族葬にする前には、事前の準備が欠かせません。
一番確実なのは、亡くなられた故人の遺言があることです。
その遺言の中に、亡くなられた故人の葬儀は、家族だけで執り行うように、というような指示があれば、それで十分な証拠書類となります。
葬儀の時には、全ての人たちの気持ちが落ち込んでいるようなときですから、その気分を、ことさら刺激するような、家族限定などは避けるべきです。
家族だけで葬儀を行いたいのであれば、事前の準備がどうしても必要ということになります。

Page Top